top > 病院のwifiスポットについて > 病院のナースコールをwifiスポットで便利にする

病院のナースコールをwifiスポットで便利にする

 入院している患者は、たまに看護師を呼び出す事があります。
いわゆるナースコールです。
あまり容態が良くない時は、急いで看護師に来てほしくなる事もありますが、その際にベッドに備え付けてあるボタンを押すと看護師が来てくれます。
しかし病院によっては、看護師が来るのに時間がかかってしまう事があります。
というのもナースコールは、複数人が同時利用するのが難しい事もあるからです。
そもそも病院には、複数名の患者が入院しています。
AさんとBさんという2名の患者が同時にナースコールしますと、回線が干渉してしまう事があります。
それで看護師はAさんには対応できても、Bさんに対応できないケースがあります。
という事は、Bさんは待たされてしまう訳です。
しかし病院にwifiスポットを導入すると、その問題点を解消する事もできます。

 最近のナースコールはだいぶ発達してきていて、今やスマホと連動したタイプがあります。
スマホ連動のナースコールには色々なメリットがありますが、その1つは同時呼び出しの機能です。
複数名の患者が呼び出しをしたとしても、ナースステーションにあるスマホには、複数名のデータが届きます。
ですから上述のBさんの分のデータも届く訳です。
Bさんが待たされてしまえば、クレームになってしまう可能性もありますし、そもそも容態が悪化してしまう可能性もあります。
しかしスマホ連動のコールシステムにしておけば、病院としても速やかに対応する事ができます。
またスマホのシステムにしておけば、無線接続できます。
有線接続のナースコールですと、ケーブルが煩わしく感じられる事もありますが、無線なら問題ありません。

 ただ多くの病院は、wifiスポットの導入に関する不安感を覚えています。
ネット接続しますと、外部からの不正アクセスもあり得るからです。
悪意のある第三者が不正アクセスしてきますと、病院の個人データなどが外部に漏れてしまう可能性もあります。
ですがwifiにも色々な種類があります。
確かに公衆wifiなどは、データが漏れる可能性はあります。
しかし専用線で接続しておけば、漏れてしまう確率は非常に低くなります。
病院専用の回線にしておけば、外部からは簡単に入り込めない状態になりますから、安全性も確保する事ができます。
暗号化の設定をしておけば、さらに安全性は高まります。
まして病院としては、ナースコールの利便性が高まる訳ですから、メリットは大きいです。
看護業務の効率化にメリットを感じて、wifiスポットを導入している病院も多いです。

次の記事へ