top > 病院のwifiスポットについて > 病院のコスト削減や売上のメリットがあるwifiスポット

病院のコスト削減や売上のメリットがあるwifiスポット

 病院にwifiスポットを導入するメリットの1つは、コスト削減です。
コストが多すぎると見込まれる時は、導入も前向きに検討してみると良いでしょう。
それと、数字改善に関するメリットもあります。
病院の売上げ数字が今ひとつである時も、導入を検討してみる価値があります。
そのスポットは、お金に関するメリットがある訳です。
というのも多くの病院では、残業代に関する悩みを抱えています。
残業代は、病院にとっては大きなコストになります。
割増賃金を支払う事になってしまいますし、できるだけ残業を減らしたいと思っている病院も多いです。
また残業が多いと、従業員に対する負担も増えてしまいます。
あまり労働時間が長いと、従業員に対するストレスも高まってしまいます。
しかしwifiスポットを導入すると、その残業を減らせるケースも多いです。

 病院には、必ず事務作業があります。
レセプトなどを含めて、大量のデータを処理しなければなりません。
病院によっては事務作業の量が膨大なので、残業を余儀なくされてしまうケースもあります。
しかしwifiスポットを導入しますと、事務作業を減らせる事も多いです。
最近ではクラウドのサービスも色々登場していますが、それを活用して事務作業を行う方が、業務効率が良くなるケースも多々あります。
またwifiスポットを導入すると、看護業務が効率化するケースも多いです。
スマホ連動型のナースコールのシステムにすれば、だいぶ業務が楽になるケースも少なくありません。
業務効率が改善されれば、残業時間も削減されますから、人件費を節約する事もできます。
ですから残業時間に関する問題点がある時は、wifiスポットを導入してみる価値はあります。

 またwifiスポットは、来院者にとってもメリットが大きいです。
待合室にwifiスポットがあるだけでも、来院者としては非常に助かります。
待合室にスポットが無いと、自分が持っているスマホのデータ量を消耗してしまいますが、スポットがあればデータ量を節約する事もできます。
実際wifiスポットを導入しますと、来院者の人数が増えるケースもあります。
という事は、wifiスポットを導入すれば病院の売上げ数字が改善される可能性もあります。
つまりスポットを導入すると、残業時間も削減できる上に、売上数字も改善できる訳です。
ちなみにwifiスポットを導入するのは、費用はかかります。
若干の手間もあります。
ですがそれを導入すれば、病院の経営状態も良くなる可能性がある訳ですから、前向きに検討してみる価値はあります。

次の記事へ