top > 病院のwifiスポットについて > 病院にセキュリティー性の強いwifiスポットを導入してみる

病院にセキュリティー性の強いwifiスポットを導入してみる

 スマホでwifiに接続する選択肢は、主に2つあります。
自宅など限られた場所で使用できるwifiに接続するか、公衆wifiへの接続です。
ところで後者のwifiは、ややリスクが大きいという声もあります。
実際それには確かにデメリットがあって、必ずしも安全性が確保されているとは限らないからです。
確かに公衆wifiに接続すれば、データの消費量を節約する事はできます。
しかし公衆wifiは、セキュリティー上の問題点があります。
それに対して自宅や事務所のwifiの場合は、比較的安全な状態になっています。
暗号化などの設定をしておけば、外部から侵入されづらくなるからです。
実際光ファイバーを導入した後に、暗号化を設定している方も珍しくありません。
ところで病院も、その暗号化のような状態にする事は可能です。

 多くの病院は、wifiスポットの導入も前向きに検討しています。
そのスポットには、確かに色々なメリットがあります。
wifiに接続できる方が患者にとっても便利ですし、病院としても業務を効率化できるメリットがあります。
ですが病院としては、それを導入するのに二の足を踏んでいる事も多いです。
その理由の1つは、上述のセキュリティーです。
病院で使用している電子機器には、様々な個人データが格納されています。
機密情報もあります。
インターネットに接続するという事は、そのデータが外部に漏れてしまう可能性があります。
大切なデータが外部に漏れると大変ですから、病院としては導入すべきかどうか悩んでいる事も多いです。
しかし実際には、セキュリティーは特に問題ないwifi回線も沢山あります。

 そもそもwifiは、コンビニのような公衆タイプだけではありません。
専用線もあります。
専用線の特徴は、外部から不正侵入されづらい状態になっている点です。
強固な暗号化のシステムを採用しておけば、簡単には不正アクセスされない仕組みになっています。
専用線を導入しておけば、万が一のデータ漏えいを防ぐこともできます。
またwifiは、複数タイプを使い分ける事もできます。
患者用のwifiと従業員のwifiを区分けする事も可能です。
患者としては、従業員専用の回線にアクセスできませんから、万が一の事態も防げるようになります。
つまりセキュリティー性が強いwifiスポットを導入しておけば、データが漏れてしまう確率も減らせる訳です。
それに注目して、wifiスポットを導入している病院も少なくありません。

次の記事へ