top > 病院のwifiスポットについて > 病院でも導入や設置案が展開されている

病院でも導入や設置案が展開されている

 外来だけでなく病棟にあると便利なwifiスポットですが、スマホなどの電波により医療機器の誤作動が心配になる病院では早々と導入されています。
ですが、重症患者がいる病棟や集中治療室、レントゲン撮影室などの一部では公衆無線LAN(wifi)の導入はされてはいません。
先に述べたように、医療機器に干渉するリスクを含むであろう2.4HGhz帯域の問題があったり、接続しにくい状況にもなります。
それでも、重症患者がいる病棟にも医師・看護師などの医療従事者専用のwifiスポットを構築するルーターを設置する病院も徐々に増えています。
ちなみに、wifiは通信種類のひとつで、スマホ接続が主流でしょう。
通常は、大手キャリアの設備を使って通信をするので、当然ながら回線も無線ではありません。
wifiは通信回線基地とのパイプ役、だからこそ通信費も発生しません。

 wifiスポットは、入院患者にとっても不安を緩和できる場所になり得るようです。
闘病生活を続け、隔離されている状態にあるために不安に感じるのは致し方ないとはいえ、病気を調べたり、誰かと繋がることができたり、暇を持て余すのならば動画などを閲覧することも可能で、スマホが心の寄りどころという患者さんもいるほどです。
そうなれば、どこに設置するのかが問題になるのではないでしょうか。
院内では医療従事者のみで使う場合など、利用シーンは様々です。
院内にwifiスポットがあるのか、まずは公衆無線LANのマークを見つけましょう。
もっとも可能性として高いのは、公衆電話付近や待合室周辺です。
もちろん、入院生活のみならず、外来であっても無料で利用できるか否かは、携帯電話会社や固定通信会社などとの契約次第ともいえます。

 病院で導入すべきかを検討する場合、電波干渉の発生がカギを握ります。
今や、便利な機能ソフトにより、どこで電波干渉が起きているのかをチェックできますが、未だに多いのは外部からルーターを持ち込む行為です。
その結果、干渉の原因になることがあるため、割り出しにも活用できるのではないでしょうか。
外来患者のいる待合室にて干渉するならば、周辺に設置すべきです。
今や、ルーターを持ち込み、SNSを使って症状の回復の情報や、見舞いを促す呟きなどもスマホから発信されています。
wifiアクセス環境のチェックは、こうした身動きが取れてくる患者さんの回復期のタイミングで必要かもしれません。
楽しむのではなく、本来は電子カルテや治療の内容を動画などで説明したり、医療的に必要とする通信用ですからマナーは守りましょう。

次の記事へ