top > 病院のwifiスポットについて > 病院がwifiスポットを導入する主なメリット

病院がwifiスポットを導入する主なメリット

 入院していると、たまにネットに接続したくなる事があります。
ですが病院では、ネット接続が難しいケースも多いです。
ネット回線が開通していないので、やや不自由してしまう事もあります。
それだけにwifiスポットがある病院は、とても便利です。
そのスポットがあれば、病院内でもスマホに接続できるからです。
病院でwifiに接続できるのは、そこで働く方にもメリットがあります。
最近の病院では、電子化が進んでいます。
電子カルテなどを含めて、電子機器を使用する局面が多々あります。
電子機器を多用するのであれば、病院の従業員としてもwifiに接続できる方が色々便利です。
ですから多くの方々は、病院にもwifiを導入してほしいというニーズを抱えています。
実際それは、病院にとっても大きなメリットがあります。

 最近ではwifiスポットを導入する病院も増えてきています。
その理由の1つはwifiの持ち込みです。
多くの方々は病院内でWEBにしたいので、ポケットwifiなどを持ち込んでしまうケースがあります。
ですが、それは病院にとってはリスクが大きくなります。
ペースメーカーもありますから、外部からポケットwifiを持ち込まれてしまうと、トラブルが生じる可能性もあるからです。
それを防ぐために、病院にwifiを導入しておく訳です。
そもそもwifi機器によっては、かなり安全性が優れている事があります。
安全なwifiであれば、ペースメーカーがある患者に対しても、悪影響を及ぼす訳ではありません。
そのwifiを導入した上で持ち込み禁止にしておく方が、かえって安全性が高まりますから、wifiスポットを導入する意味はあります。

 また病院としても、業務効率を追求する必要はあります。
そもそも病院内の業務は、とても忙しいです。
中でも事務作業は非常に多く、従来のやり方では多くの時間を取られてしまいます。
ですから最近では、多くの病院は電子化を進めています。
電子化を促進すれば事務作業も効率的になるからです。
しかし病院でネット接続できなければ、色々不自由してしまいます。
オフラインの状態で電子機器を活用する事は可能ですが、できる事は限られてしまいます。
しかしwifiスポットを導入しておけば、事務作業の量を減らす事ができます。
ですから病院にとっては、そのスポットを導入するメリットは大きいです。
病院には沢山の業務がありますから、事務作業が効率化するに越した事はありません。
ですから最近では、wifiスポットを導入する病院も増えつつあります。