top > 病院のwifiスポットについて > 病院がペーパーレスになり検査も楽になるwifiスポット

病院がペーパーレスになり検査も楽になるwifiスポット

 多くの企業では、ペーパーレスの状態を目指しています。
紙媒体を使用するのではなく、基本的には電子データでやり取りする訳です。
実際ペーパーレスには様々なメリットがあって、例えば置き場所です。
大量の紙の資料を保管するとなると、置くスペースが必要です。
しかしペーパーレスの状態にしておけば、それも不要になります。
また紙媒体が無い状態にしておく方が、セキュリティー性も良くなる傾向があります。
ただしペーパーレスの状態にする為には、ネットワークも必要です。
ですから多くの企業は、wifiスポットを導入しています。
病院も例外ではありません。
病院としても多くのデータを取り扱う事になりますので、wifiスポットを導入した上で、業務効率を改善しているケースも少なくありません。
そして病院の場合、医療行為が効率化するメリットもあります。

 患者によっては、移動するのが著しく困難な事があります。
手足が不自由な状態になってしまえば、簡単には移動できません。
しかし病院としては、患者に対する検査も行う必要があります。
患者の移動が困難ですと、病院としては不自由してしまう事もあります。
ところがwifiスポットを導入すると、その検査が楽になるケースが多々あります。
ネット接続された機器を使用して、患者の検査を行う訳です。
例えば医師と患者のベッドは、やや離れた場所にあるとします。
その場合、ネット接続された機器を使用して、患者に対する検査を実施する訳です。
すると検査のデータは、医師がいる場所まで速やかに転送されます。
つまりインターネット環境があれば、たとえ医師と患者が離れた場所にいても、問題なく検査を行える訳です。

 またwifiスポットがあれば、待合室も便利になります。
外来してくる方々は、しばらく待合室で待機している事も多いですが、そこでwifiが使用できる方が色々便利です。
スマホのデータ量を節約できるので、外来する方々にとっては大変助かります。
また患者にとってもメリットがあります。
入院中の患者としてもインターネットを利用したくなる事もありますが、病院にwifiがあるだけでも助かります。
上述のように、病院にwifiスポットを導入するメリットは色々あります。
とりわけ業務効率に関するメリットは大きいです。
そもそも病院の業務は、とても忙しいです。
やる事が沢山ありますと、残業代も増えてしまいます。
しかしwifiスポットを導入すれば、業務も効率化する事が多いので、残業代を減らす事も可能です。
ですから最近では、多くの病院はwifiスポットを積極的に導入しています。

次の記事へ